間違わない洗顔

間違わない洗顔

間違わない洗顔 @

洗顔は通常欠かすしてはいけないスキンケアのひとつです。

 

正しいやり方でやるのか、日々のやり方で、肌の状況に差が出ていきます。

 

洗顔の意味は、皮脂汚れを美麗に落とすこと。正しい洗顔が肌トラブルを防ぎ、
肌の健康を保ちます。

 

洗顔ルール

 

洗顔料は、絶対に「うるおい成分配合」や「弱酸性」でなくてもよいです。

 

洗顔素材は皮脂汚れを落とす事を主目的に選ぶこと

 

洗顔素材には、「うるおい成分」「保湿成分」「ビタミンC」「美白成分」など、
多彩な構成要素をミックスしたものがあります。

 

これらは、いずれも肌によいように思えますが、洗顔素材は洗い流すものですから
、大半の構成要素はすすぎのときに流れてしまいます。

 

ヒアルロン酸やセラミド等のぷるぷる成分を配合したものもこの間は見かけますが、
これらも残念ながら流れてしまい肌には残りません。

 

「弱酸」の洗顔素材は肌によさそうです。

 

ですが、洗う流水は中性。

 

洗顔後に弱酸の化粧水をつければ弱酸になるので、洗顔素材は弱酸性でなくてもよいのです。

 

洗いあがりしっとり。をうたった洗顔料もありますが、こういった洗顔料の多数は油を多量に含んでいます。

 

けれど、その油膜のせいで、洗顔後に水溶性の美肌要素をつけても浸透しにくくなって
、結果的にスキンケアの妨げになります。

 

洗顔の目的は、肌の皮脂汚れを落とすので洗浄力が自分の肌に合うものが最良です。

 

「〇〇成分配合」とか「弱酸性」にこだわらず、洗浄力で選びましょう。

 

洗顔後に指で肌をさわってピシッとするくらいが、皮脂汚れが落ちているかのめやす。

 

次の項目も参考にされて自分に合った洗顔料を見つけましょう。

 

「PH値とは」PH値とは、アルカリ性か酸性かを示す値の事。

 

PH値0〜14まであり、7.0が中性、これより高いものは酸性となります。

 

健康な皮膚が酸性にいく傾向です。皮脂が酸性のせいです。

 

洗顔ルールA 洗顔料は、皮脂汚れがじっくり落ちる固形ソープが一押しです。

 

オイリー肌なら欲用の固形ソープでもOK

 

洗顔材料には、クリーム、泡、たくさんの形状のものがあり、どれを選ぶか迷う人もいるでしょう。

 

結果からいうと、選ぶポイントは形ではなく成分。

 

不要な成分を含まず、しっかり汚れを落とす事のでさるものが最適です。

 

ただし、形によって成分にも多めの傾向が見られるので、選ぶさいの参考にするのものコツでしょう。

 

浴用の固体ソープは、しっとりをうたった洗顔料と比べて油分が少なめ。

 

肌に油分を残さず、汚れをキレイに落とせます。

 

浴用で洗う力が強いという人は、先顔用の固形ソープを選択してください。

 

タイプ別 洗顔材料の特徴

 

○浴用の固形ソープ

 

昔ながらの簡潔な固形ソープは、不要なものを含みません。

 

肌がつっぱりすぎない適切な洗浄力で余分な油分を残さないものを選びましょう。

 

○洗顔用の固形ソープ

 

乾燥肌には、浴用の固形ソープで洗浄力が弱く肌がつっぱらない、

 

顔専用固形ソープがお奨め。弱酸性じゃなくてもOK。

 

○クリームタイプ

 

肌にやさしいイメージがあリますが、しっとリタイプは約3割もの油分を含むものもあり、肌に油分が残ります。

 

○リキッドタイプ

 

クリームの種類と同一に、しっとり系の液状タイプの洗顔料は油分が多め。洗浄力は弱めのものが多いようです。
○泡タイプ

 

強力な界面活性剤がはいったもの、泡を凝固させるために発泡剤をたくさん配合しているものがあります。

 

肌への刺激には偏りがあり、選ぶのがむずかしいようです。

 

○パウダータイプ

 

パウダータイプのなかで、酵素洗顔材料は洗浄力が強めのものもあるので、
乾燥、敏感肌の人は注意してください。

 

その他のものが多いようです。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ